40代、50代の練習法

■若いうちはからだに無理も利きますが、40代、50代になってからはどんなことに気を付けるべきでしょうか。

・40代の方は
40代というと、からだが重く感じるようになり、動きにキレがなくなって、疲れも取れにくくなる年代ですね。年齢を意識するようになるのもこのころからでしょうか。
無理はケガのもとですから、ラウンド前のストレッチを欠かさないよう心かげましょう。 また、力任せのゴルフではなく、道具を生かすスイングをすることです。シャフトが長くてヘッドが大きなクラブであれば、クラブの遠心力を生かすスイングをしましょう。そのためには軸がぶれるほど大きなバックスイングは禁物です。体に無理のないところからダウンスイングをしましょう。その際、手首のタメを使わないことも大事です。

・50代の方は
ゴルフの上達には終わりがありませんから、いくつになってもスイング技術を向上させることは重要です。しかし、からだは確実に衰えていくのも事実。体のケアとケガの防止のために柔軟性を維持する努力をしたいものです。とくに股関節の柔軟性は大事です。年齢が上がると、誰でも股関節が硬くなってくるものですが、そうなると股関節だけに留まらず、周辺の筋肉もどんどん硬くなり可動領域が狭まってしまいます。脚の動きが悪くなれば完全な手打ちになり、飛距離も出なくなりますし、首やヒジを痛めてしまうことも。
朝晩のストレッチを習慣づけるとよいですね。朝は、できれば40分くらい時間をかけて丁寧に。夜も、毎日続けることが大事です。

プロのゴルフ理論と練習法が自宅で学べる!
売れてる理由も納得の優良教材ランキング!


片山晋呉 を4度賞金王へ導いた谷将貴 あの 片山晋呉 を4度賞金王へ導いた
トッププロコーチ 谷将貴 の最新理論!

日本屈指のトッププロが採用している、
ゴルフレッスンの最新理論がついに公開...!
ゴルファーにとってこんな幸せはありません!

>> 動画でトッププロコーチの解説を見る
小原大二郎のゴルフ7日間プログラム もし5ラウンド以内に、
80~90台にならなかったら全額返金保証

森田プロ他、推薦多数!
ゴルフメカニック誌でも紹介された、
いま最も支持されているゴルフレッスン法です。

>> 見れば納得!まずはこの動画をご覧ください
世界最新ゴルフ上達プログラム 2ラウンド以内に
ベストスコアが出せなかったら全額返金保証

「ゴルフは体重移動が最も大切」
「速く回転して早く腕を振れば飛距離が伸びる...」
そんな間違いを信じて続けていませんか?

>> 世界最新ゴルフ上達プログラムを動画で