体型別練習法〜中肉中背

■中肉中背の人に適した練習方法は?

ここ一番、ティーショットで距離を稼ぎたいという時は、普段よりスタンスを広めにとります。そしてなるべく体から遠くに上げ、フォローも遠くに出します。それにより、スイングアークがいつもより大きくなるので、飛距離がアップします。 ゆったり大きく振るイメージではなく、広げた両足を動かさないで下半身を固定し、その両足幅の中で上体を切れよくします。飛ばそうとするあまり下半身が左右に大きく動いてしまっては、軌道がずれて方向が曲がってしまいます。からだの大きな人とは違う、適切な打ち方をしましょう。

アプローチがうまくなるコツは、まずグリップを短く握ることです。そうすることでボールに近く立ち、ボールと自分の目の距離を近づけるのです。小柄な人だと、その体型からこれが意識せずともできているので、アプローチのうまい人が多いようです。中背の方はグリップを短く握りましょう。そうするとグリップの位置が高くなり、手首の動きを使わずに打てるようになります。手首の動きをできるだけ抑え、いつでも一定の軌道で正確なアプローチができるように練習しましょう。
またアドレスは、クラブフェースを開いて構えます。そうすることで、ダフリなどのミスを減らすことができます。

プロのゴルフ理論と練習法が自宅で学べる!
売れてる理由も納得の優良教材ランキング!


片山晋呉 を4度賞金王へ導いた谷将貴 あの 片山晋呉 を4度賞金王へ導いた
トッププロコーチ 谷将貴 の最新理論!

日本屈指のトッププロが採用している、
ゴルフレッスンの最新理論がついに公開...!
ゴルファーにとってこんな幸せはありません!

>> 動画でトッププロコーチの解説を見る
小原大二郎のゴルフ7日間プログラム もし5ラウンド以内に、
80~90台にならなかったら全額返金保証

森田プロ他、推薦多数!
ゴルフメカニック誌でも紹介された、
いま最も支持されているゴルフレッスン法です。

>> 見れば納得!まずはこの動画をご覧ください
世界最新ゴルフ上達プログラム 2ラウンド以内に
ベストスコアが出せなかったら全額返金保証

「ゴルフは体重移動が最も大切」
「速く回転して早く腕を振れば飛距離が伸びる...」
そんな間違いを信じて続けていませんか?

>> 世界最新ゴルフ上達プログラムを動画で