体型別練習法〜背が高い人、低い人

■身長の違いによって練習法は違いますか?

・背が高い人
背が高い人にはスイングアークの大きさと、トップポジションの高さという大きなメリットがあります。せっかくの高さを生かすためには、クラブをフラットに振るのではなく、アップライトに振り、トップの手の位置を高くしましょう。ドライバーでも縦に振るイメージをもって振ります。高さを利用すればダウンスイングで余計な力を入れなくてもヘッドが走ります。
気をつけるべき点は、背が高い人はアドレス時にボールを見ると背中が丸くなりがちなので、注意しましょう。猫背な姿勢では、せっかくの高さが生かせません。きちんと上体を起こし、背を丸める代わりに少し膝を曲げて構えることでボールまでの距離を調整しましょう。

・背が低い人
普通に振ってもスイングアークが大きくなるし、高いところからクラブヘッドを振り下ろすことで加速力が増す背の高い人に比べ、残念ながら小柄な人は、やはり不利。工夫しないと飛距離も出せません。
では、どんな工夫をすればよいでしょう。意識してほしいのは、体を左右に揺すってスイングすることです。高さをエネルギーにできないのですから、その分を横の動きでパワーを作り出すことで補ってやります。重心が体の外側に出るとスイングがブレてしまいますが、スタンスの幅の中だったら、上下左右に動いても大丈夫です。積極的に動いてパワフルにいきましょう。

プロのゴルフ理論と練習法が自宅で学べる!
売れてる理由も納得の優良教材ランキング!


片山晋呉 を4度賞金王へ導いた谷将貴 あの 片山晋呉 を4度賞金王へ導いた
トッププロコーチ 谷将貴 の最新理論!

日本屈指のトッププロが採用している、
ゴルフレッスンの最新理論がついに公開...!
ゴルファーにとってこんな幸せはありません!

>> 動画でトッププロコーチの解説を見る
小原大二郎のゴルフ7日間プログラム もし5ラウンド以内に、
80~90台にならなかったら全額返金保証

森田プロ他、推薦多数!
ゴルフメカニック誌でも紹介された、
いま最も支持されているゴルフレッスン法です。

>> 見れば納得!まずはこの動画をご覧ください
世界最新ゴルフ上達プログラム 2ラウンド以内に
ベストスコアが出せなかったら全額返金保証

「ゴルフは体重移動が最も大切」
「速く回転して早く腕を振れば飛距離が伸びる...」
そんな間違いを信じて続けていませんか?

>> 世界最新ゴルフ上達プログラムを動画で