トップ病を何とかしたい

■トップのクセが直る練習法はないでしょうか。

トップという現象は、クラブエッジでボールの横腹から上をたたいている場合に起こります。原因の一つは、クラブのソールが地面から浮いている事、もう一つは、逆にダフッている事です。

クラブのソールが地面から浮いてしまうのは、ボールを打ち上げようとしているからです。ゴルフクラブ(とくにアイアン)の、基本的な打ち方を思い出してみましょう。スイングの最下点を過ぎて3−5cmのところで地面にソールが当たる、いわゆるダウンブローですね。このダウンブローができると、ボールにスピンが掛かるので、下向きに打っているにもかかわらず、ボールが浮き上がっていくのです。

ところが、意識的にボールを打ち上げようとした場合は、力が入ります。スイングでアッパーブローとなると、ボールをティーアップしてあるドライバーなら打てますが、アイアンの場合は最下点が右にこないといけないので、ダフる以外にありません。

このように、ダウンブローのスイングの意識を徹底させる事が、トップしないようにする方法の一つですので意識して練習してみてください。 そして次に、からだの力みを取ることです。こうした正しいスイングによって、ちゃんとボールが飛ぶようになると、頭を上げなくてもクラブの振れ具合だいたい分かるようになり、打った後ゆっくり見上げてもボールの行方を追えるので、ヘッドアップも減ってきます。

プロのゴルフ理論と練習法が自宅で学べる!
売れてる理由も納得の優良教材ランキング!


片山晋呉 を4度賞金王へ導いた谷将貴 あの 片山晋呉 を4度賞金王へ導いた
トッププロコーチ 谷将貴 の最新理論!

日本屈指のトッププロが採用している、
ゴルフレッスンの最新理論がついに公開...!
ゴルファーにとってこんな幸せはありません!

>> 動画でトッププロコーチの解説を見る
小原大二郎のゴルフ7日間プログラム もし5ラウンド以内に、
80~90台にならなかったら全額返金保証

森田プロ他、推薦多数!
ゴルフメカニック誌でも紹介された、
いま最も支持されているゴルフレッスン法です。

>> 見れば納得!まずはこの動画をご覧ください
世界最新ゴルフ上達プログラム 2ラウンド以内に
ベストスコアが出せなかったら全額返金保証

「ゴルフは体重移動が最も大切」
「速く回転して早く腕を振れば飛距離が伸びる...」
そんな間違いを信じて続けていませんか?

>> 世界最新ゴルフ上達プログラムを動画で