シャンクの直し方

■シャンクして困っています。直す方法はありますか?

シャンクして困るという人は、たいてい頭で思っているヘッドの通り道と、実際にボールが置かれている位置とがずれているものです。 これは、ボールの位置を意識しすぎるために起こることが多いもの。むしろ、ボールに対して意識を向けず、打つことを意識せずに、「あそこまで打つ」というようにボールの落とし場所のみを意識してみましょう。そうすることで、シャンクだけでなく、トップやダフリなども直ってしまうことが多いです。

続いて技術的なことですが、シャンク気味の人は、右膝を左膝に寄せるようにして打ってみてください。右膝が前に出てしまう癖があることによって、シャンクしてしまう人が多いですから、こうして右膝を内側にひねり入れるように意識してフォローを取ると、右膝が前に出るのを防げますし、同時に右腰が前に出てしまうのも防げます。

右膝、右腰が前に突っ込んでしまうということは、その分クラブヘッドはイメージより外側を通ることになり、アウトサイドインの軌跡を描くので、大きければスライスしたり、あるいはドライバーの根元に当たって左へのチョロとなってしまうのです。

このように意識の持ち方ひとつで、ゴルフのフォームは直りますし、悪い癖も案外すんなり取れてしまうものです。

プロのゴルフ理論と練習法が自宅で学べる!
売れてる理由も納得の優良教材ランキング!


片山晋呉 を4度賞金王へ導いた谷将貴 あの 片山晋呉 を4度賞金王へ導いた
トッププロコーチ 谷将貴 の最新理論!

日本屈指のトッププロが採用している、
ゴルフレッスンの最新理論がついに公開...!
ゴルファーにとってこんな幸せはありません!

>> 動画でトッププロコーチの解説を見る
小原大二郎のゴルフ7日間プログラム もし5ラウンド以内に、
80~90台にならなかったら全額返金保証

森田プロ他、推薦多数!
ゴルフメカニック誌でも紹介された、
いま最も支持されているゴルフレッスン法です。

>> 見れば納得!まずはこの動画をご覧ください
世界最新ゴルフ上達プログラム 2ラウンド以内に
ベストスコアが出せなかったら全額返金保証

「ゴルフは体重移動が最も大切」
「速く回転して早く腕を振れば飛距離が伸びる...」
そんな間違いを信じて続けていませんか?

>> 世界最新ゴルフ上達プログラムを動画で