スライスの矯正法

■ドライバーがスライスして困っています。どうすれば直せるでしょうか。

スタンスを肩幅より狭目に取るように意識し、テイクバックでスエーしない状態を作ることから始めましょう。 また、コントロール優先と割り切って、飛距離は気にしないことです。ボールの位置は正面に固定します。左かかとの延長線上にボールを置くなどすると、インパクト時に右肩が入りすぎるため、手が先行してしまい、結果的にスライスを招きます。スタンスを狭くしてボールを正面に置くことで、嫌でもゆっくり手を下ろして、ヘッドが正面を通過するまで我慢しなければならなくなります。
また、右利きの場合、アドレスからインパクトまでボールの右側を右目ではなく左目でずっとみるように心がけると、ヘッドアップも矯正できます。

まず暫くはアイアンで、スイングプレーンを意識的にインサイドアウト、アウトサイドインでフック、スライスなどコントロールできるように練習してみましょう。それに慣れてきたら、フェアウェイウッドでアイアンと同じ練習をし、そからドライバーのショットを練習します。

ゴルフのスコアアップのためには、まずは飛距離よりも正確な方向に打てることが大事です。飛距離を落としてでも、フェアウェイに落とすことを第一有線と考えて練習してみてください。

プロのゴルフ理論と練習法が自宅で学べる!
売れてる理由も納得の優良教材ランキング!


片山晋呉 を4度賞金王へ導いた谷将貴 あの 片山晋呉 を4度賞金王へ導いた
トッププロコーチ 谷将貴 の最新理論!

日本屈指のトッププロが採用している、
ゴルフレッスンの最新理論がついに公開...!
ゴルファーにとってこんな幸せはありません!

>> 動画でトッププロコーチの解説を見る
小原大二郎のゴルフ7日間プログラム もし5ラウンド以内に、
80~90台にならなかったら全額返金保証

森田プロ他、推薦多数!
ゴルフメカニック誌でも紹介された、
いま最も支持されているゴルフレッスン法です。

>> 見れば納得!まずはこの動画をご覧ください
世界最新ゴルフ上達プログラム 2ラウンド以内に
ベストスコアが出せなかったら全額返金保証

「ゴルフは体重移動が最も大切」
「速く回転して早く腕を振れば飛距離が伸びる...」
そんな間違いを信じて続けていませんか?

>> 世界最新ゴルフ上達プログラムを動画で