フォーム・姿勢について

■スイング時にからだが上下してしまう場合、どう直すか?

打ち込む意識が強かったり、右に行きやすいので左側にボールを打ち出したい、低いボールを打ちたいなどのイメージがあるインパクトでは、頭が下がりやすいです。 また、アッパーブローのイメージでボールを上げる意識が強かったり、クラブをインサイドから入れてフックを打ちたい、フックするから右側にボールを打ち出したい、フォローを大きくとりたい、といったイメージを持つと、インパクト時に頭が上がりやすくなります。

いずれにしても、その原因は各人が持つインパクトのイメージによるものが多いものです。そのため、たとえば、頭が上下に動く下人を、アドレス時に膝を曲げすぎていることだと考えて、膝の角度を浅くするよう試みても打ちづらいだけで、ちゃんとしたスイングはできない場合が多いのです。

自分がインパクトにどういうイメージを抱いているのかを割り出し、プロや上級者に、その人のインパクトのイメージを聞いてみるなどして、その違いを知ることは参考になります。そうやって、自分が抱いているインパクトのイメージを少し変えて打つことで、すんなり解決できる場合も少なくないでしょう。

プロのゴルフ理論と練習法が自宅で学べる!
売れてる理由も納得の優良教材ランキング!


片山晋呉 を4度賞金王へ導いた谷将貴 あの 片山晋呉 を4度賞金王へ導いた
トッププロコーチ 谷将貴 の最新理論!

日本屈指のトッププロが採用している、
ゴルフレッスンの最新理論がついに公開...!
ゴルファーにとってこんな幸せはありません!

>> 動画でトッププロコーチの解説を見る
小原大二郎のゴルフ7日間プログラム もし5ラウンド以内に、
80~90台にならなかったら全額返金保証

森田プロ他、推薦多数!
ゴルフメカニック誌でも紹介された、
いま最も支持されているゴルフレッスン法です。

>> 見れば納得!まずはこの動画をご覧ください
世界最新ゴルフ上達プログラム 2ラウンド以内に
ベストスコアが出せなかったら全額返金保証

「ゴルフは体重移動が最も大切」
「速く回転して早く腕を振れば飛距離が伸びる...」
そんな間違いを信じて続けていませんか?

>> 世界最新ゴルフ上達プログラムを動画で