スイングテンポが遅い人、早い人

■スイングのテンポが遅い場合、あるいは速い場合は、どんなことに注意すればよいでしょうか。

スイングのい遅い人が心がけたい事は、腰の高さを変えないように、下半身を水平に回すことです。腰の高さが変わると当然肩の高さも変わってしまいますので、それを防ぐには、下半身を水平に回転させ、その動きに自然に上体がついてくるイメージでスイングします。
ダウンスイング以降は、若干左腰を高めにキープする意識でよいでしょう。足はべた足を意識し、膝の高さを変えないように注意します。練習のため、ヘッドを膝の高さに置いてスイングすると、実感として分かると思います。少々早めに右踵をヒールアップする意識でやるとスムーズに回れます。

逆にスイングテンポが速い人は、まず全身の力を抜くことです。とくに右腕の力を抜くことが肝心です。腕に力が入ると肩にも力が入り、ダウンスイング→インパクト→フォローのプロセスで、手がヘッドより前に出てしまうことになり、ヘッドが走りません。ゆったりと力うぃ抜くことで、ヘッドが先に動いてくれるようになります。
ボールを打とうと意識しすぎると、どうしても器用な右手を使ってしまいますので、そこで力が入っていると当然ミスにつながるのです。ボールに対して打ちに行かず、ボールの先にヘッドを通す軌道だけをイメージしてきちんと振り抜くことを意識して打ってみましょう。

プロのゴルフ理論と練習法が自宅で学べる!
売れてる理由も納得の優良教材ランキング!


片山晋呉 を4度賞金王へ導いた谷将貴 あの 片山晋呉 を4度賞金王へ導いた
トッププロコーチ 谷将貴 の最新理論!

日本屈指のトッププロが採用している、
ゴルフレッスンの最新理論がついに公開...!
ゴルファーにとってこんな幸せはありません!

>> 動画でトッププロコーチの解説を見る
小原大二郎のゴルフ7日間プログラム もし5ラウンド以内に、
80~90台にならなかったら全額返金保証

森田プロ他、推薦多数!
ゴルフメカニック誌でも紹介された、
いま最も支持されているゴルフレッスン法です。

>> 見れば納得!まずはこの動画をご覧ください
世界最新ゴルフ上達プログラム 2ラウンド以内に
ベストスコアが出せなかったら全額返金保証

「ゴルフは体重移動が最も大切」
「速く回転して早く腕を振れば飛距離が伸びる...」
そんな間違いを信じて続けていませんか?

>> 世界最新ゴルフ上達プログラムを動画で