パットの練習法

■パットのよい練習法があったら教えてください。

パットの練習は、やはり本物の芝で練習しなければ上達はないといってよいでしょう。ゴルフ練習場にパット練習場が併設されていなければ、ゴルフ場へ行くとき、ほかの人より早く行き、練習しましょう。もし可能ならプレー終了後に、その日のパットの失敗をイメージしつつ30分以上練習すればより効果的です。

パットの練習の際には、パットを振り子のように軽く振ることが基本です。そして距離感をつかむためには、バックスイングの距離(30,50センチなど)によってどれくらいボールが転がるかを知ることです。 さらに、パットの方向を安定させるには、練習を繰り返すことです。

家での練習はやらないよりはやったほうがましという程度ですが、やった分だけ気持ち的に自信に繋がるという効果はあるかもしれません。毛足の長目のカーペット等で,決めた距離をキッチリ打てるようにするなど、方法を工夫してみましょう。

実際のプレー時には、そのゴルフ場のグリーンの状態によって大きく左右されるので、芝目やアンジュレーションなどが大きく影響します。これらの読みは、ひたすら経験を積むことで感覚が身についてくるものです。

プロのゴルフ理論と練習法が自宅で学べる!
売れてる理由も納得の優良教材ランキング!


片山晋呉 を4度賞金王へ導いた谷将貴 あの 片山晋呉 を4度賞金王へ導いた
トッププロコーチ 谷将貴 の最新理論!

日本屈指のトッププロが採用している、
ゴルフレッスンの最新理論がついに公開...!
ゴルファーにとってこんな幸せはありません!

>> 動画でトッププロコーチの解説を見る
小原大二郎のゴルフ7日間プログラム もし5ラウンド以内に、
80~90台にならなかったら全額返金保証

森田プロ他、推薦多数!
ゴルフメカニック誌でも紹介された、
いま最も支持されているゴルフレッスン法です。

>> 見れば納得!まずはこの動画をご覧ください
世界最新ゴルフ上達プログラム 2ラウンド以内に
ベストスコアが出せなかったら全額返金保証

「ゴルフは体重移動が最も大切」
「速く回転して早く腕を振れば飛距離が伸びる...」
そんな間違いを信じて続けていませんか?

>> 世界最新ゴルフ上達プログラムを動画で