バックスピンのかけ方

硬いグリーンで、ボールにスピンをかけてピンそばに止めたい時などバックスピンが必要な場面は確かにありますね。

バックスピンはクラブフェースにある溝と、クラブフェースとゴルフコースの芝生に挟まれたときの摩擦により生じます。ということは、ダウンブローに打ったほうが強いバックスピンのかかったショットを打てるということですので、ダウンブローを打つ練習は欠かせません。
ダウンブローで球を捕らえるためには、最下点に達する前に、つまりからだの右側でボールを捕らえること、ボールを打った後やや薄めに長くターフを取ることを意識してください。ボールを打った後の芝10cm位のターフが、目標に向かってまっすぐに伸びている状態が理想的です。

ただし、バックスピンはうまくはたらく時とそうでない時があることを忘れてはいけません。そのため狙いが定まらないので、過剰なスピンは避けるほうが無難だといえるでしょう。ゴルフボールがグリーンに落ちて、1回跳ねてすぐ止まる程度のスピンを目安にして練習しましょう。バックスピンがかかりすぎた場合には、最終的にどこで止まるのかが読めず、結局スコアを落としてしまうことになります。

どうしてもさらにスピンをかけたい場合は、軽いフェードを打てば、バックスピンの量は増えます。ただ、フェードの場合はグリーン上で右に転がりますのでそれを計算に入れる必要があります。

プロのゴルフ理論と練習法が自宅で学べる!
売れてる理由も納得の優良教材ランキング!


片山晋呉 を4度賞金王へ導いた谷将貴 あの 片山晋呉 を4度賞金王へ導いた
トッププロコーチ 谷将貴 の最新理論!

日本屈指のトッププロが採用している、
ゴルフレッスンの最新理論がついに公開...!
ゴルファーにとってこんな幸せはありません!

>> 動画でトッププロコーチの解説を見る
小原大二郎のゴルフ7日間プログラム もし5ラウンド以内に、
80~90台にならなかったら全額返金保証

森田プロ他、推薦多数!
ゴルフメカニック誌でも紹介された、
いま最も支持されているゴルフレッスン法です。

>> 見れば納得!まずはこの動画をご覧ください
世界最新ゴルフ上達プログラム 2ラウンド以内に
ベストスコアが出せなかったら全額返金保証

「ゴルフは体重移動が最も大切」
「速く回転して早く腕を振れば飛距離が伸びる...」
そんな間違いを信じて続けていませんか?

>> 世界最新ゴルフ上達プログラムを動画で